VIO脱毛するとシミができるか|永久脱毛なら医療レーザーがオススメ!

脱毛にはさまざまな噂がつきまとっています。そのため、脱毛したいけれど、不安という方が少なくないでしょう。

特にVIO脱毛はデリケートな部分ですから、肌トラブルや痛みなどが気になります。特に多いのが、黒ずみやシミができるという噂です。

せっかく脱毛しても、肌がボロボロになってしまっては意味がありません。事前に問題を解決して、安心してVIO脱毛に挑みましょう。

肌への負担

ひと口に脱毛といっても、光脱毛と医療レーザー脱毛の2種類あります。当然これらは脱毛効果が異なります。光脱毛の場合、エステティシャンが施術をするのが特徴です。

毛乳頭にダメージを与え減毛させていきます。脱毛の出力は弱く、痛みがほとんどないのがメリットですが、一度で高い効果は実感できにくいでしょう。

一方で医療レーザー脱毛は、医療クリニックの医師によって行われます。毛乳頭を破壊しながらムダ毛を処理するため、永久脱毛が期待できます。

ただ単一の波長で皮膚に熱を与えるため、光脱毛より痛みが強いのがデメリットになります。

黒ずみやシミができる真実

さて本題です。光脱毛と医療レーザー脱毛では肌への負担が異なることが分かりましたが、黒ずみやシミへのリスクはどうでしょうか?

結論からいいますと、『脱毛で黒ずみ・シミが増えることはほとんどない』でしょう。『目立つようになった』という方は、脱毛したことで今まで隠れていたものが出てきたというケースがほとんどです。

そのため、どちらかというと黒ずみやシミが改善したという方のほうが多いといわれています。




アリシアクリニック