Vライン脱毛と色素沈着|永久脱毛なら医療レーザーがオススメ!

Vラインを脱毛して初めて色素沈着に気づいたり、カミソリなどで繰り返し繰り返し処理していくうちにVラインが黒ずんできた、という声がたくさんあります。

実はVラインはとてもデリケートで乾燥しやすく、常に摩擦にさらされているので、きちんとケアしてあげないと色素沈着を起こしやすい場所なんです。

カミソリや毛抜きは危険

Vラインのお手入れに、カミソリや毛抜きを使っているという人も多いようですが、これは刺激が強く、色素沈着の原因になりやすいのです。

カミソリはお肌の皮脂まで削り取ってしまいますので、乾燥しやすいVラインはいっそう乾燥してしまいます。

また、毛抜きは毛穴を傷つけてしまうので、悪くすると埋もれ毛毛嚢炎を起こす原因にもなり、色素沈着を引き起こすのです。

摩擦

キツい下着やパンツなどで、下半身を締め付けていませんか?

また、ストッキングなども摩擦の原因になります。特にカミソリなど毎日行う自己処理とこの摩擦が重なるとVラインは大きなダメージを受け、色素沈着をしやすくなってしまいます。

色素沈着をしたらどうにもならないの?

Vラインの色素沈着が気になるなら、脱毛はプロにおまかせするのが一番です。

また、ターンオーバーを促して、美白するためにはたっぷりの保湿が必要ですから、脱毛と一緒に保湿ケアを行うと効果的です。

サロンやクリニックなどで脱毛後の敏感なお肌にも使える保湿クリームや、普段でも使える保湿クリームの説明があるので、それらを参考にするといいでしょう。

色素沈着は気長にターンオーバーを促して、キレイになるの見守っていくしかありません。

特にデリケートゾーンは敏感なので、刺激の強い美白剤を用いるよりは、脱毛しながら保湿ケアをし、だんだんムダ毛が減って見えてくるお肌が明るくなっていく様子を観察する気分でいると、プレッシャーから解放されて、気持ちも楽になります。

ストレスが軽減されればターンオーバーも正常になるという良いサイクルが生まれるので、気持ちを楽にしましょう。




エピレ